「母の日」と「父の日」。

5月、6月と近い日程だし、いっそまとめて一緒にしてしまうのはダメなんでしょうか?

 

また、ついうっかり「母の日」を忘れちゃった人も、「父の日」にあわせて何かすることで、少しでも埋め合わせができたらいいですよね。

 

そんな「母の日」と「父の日」を一緒にできないかと考えているあなたに、その答えをご紹介していきます。

スポンサーリンク

母の日と父の日を一緒にしていいの?

まず、そもそも、「母の日」と「父の日」って一緒にしてしまってもいいのでしょうか?

 

 その答えは、一応「イエス」ではありますが、やり方に気をつけたほうが良さそうです。 

 

というのも、勝手に「母の日」は何もせずに過ごして、「父の日」になっていきなりドーンと二人分のプレゼントを送ったとしたら、

「あぁ、母の日はすっかり忘れちゃったから、父の日についでに送ってきたのね・・・」

と、お母さんに寂しく受け取られてしまう可能性もあると思います。

特に、相手が義母の場合には注意した方がいいでしょう。

一緒にするなら、いつがいい?

では、もし「母の日」と「父の日」を一緒にするなら、いつにすればいいでしょうか?

 

先ほどの例もありますから、 お母さんが寂しい思いをしないように 「母の日」にまとめて二人分プレゼントを贈るとか、できることなら「母の日」を過ぎてまもないタイミングがいいでしょう。

 

ただし、もしうっかり母の日を忘れてしまった場合には、このようにはいきませんから、最善のタイミングでメッセージなどを忘れずに贈るといいですね。

例えば、「遅くなってしまって申し訳ないですが、お父さんとお母さんのために一生懸命プレゼントを考えました。いつまでも仲良く過ごしてくださいね」などといったメッセージを手書きで添えたいところです。

 

goo

手書きのお手紙って、喜ばれるよね ♡

また、せっかく母の日と父の日を一緒にするのであれば、一緒だからこそ楽しい「ペアギフト」を贈るのもおすすめです。

母の日と父の日におすすめペアギフトは?

母の日と父の日をまとめて一緒にするのであれば、ペアギフトを贈るのもいいですね。

ひとりに贈るプレゼントよりも、ふたりペアでのプレゼントであれば、こんなメリットが考えられますよ。

母の日と父の日にペアギフトを贈るメリット
  • ペアのプレゼントなら金額的な差ができず偏らずに済む
  • お父さんお母さん二人で一緒に楽しんでもらえる
  • 二人ひとつのプレゼントにすれば、豪華なプレゼントにできる
  • もしくは、二人ひとつにすることで、節約できる
  • 5月、6月とそれぞれ手配せずに一度の手配で済む

どんなものがいいか、どんなことをするのがいいか、考えるのも楽しいですが、参考までにどんなペアプレゼントがあるかご紹介していきます。

ペア茶碗

定番のペアプレゼントという感じもありますが、ペアの茶碗や箸などを贈るのが人気です。

お値段も手頃なだけに贈りやすいイメージです。

ただし、すでに愛用の品があることも多いので、そこは両親の様子を思い出しながら考えてみましょう。

茶碗以外にも、湯のみ、グラス、箸置きなども候補にあがってきます。

スポンサーリンク

ペアパジャマ

お茶碗と同様に、日用品というのは、はずしにくいプレゼントになります。

もし、ご両親がパジャマを着て寝るようであれば、お揃いのパジャマというのも素敵ですね。

ただし、少しお値段がはるので、無理しない程度に検討するといいと思います。

ペア扇子

これから暑くなるシーズンに、エコ商品である扇子をお揃いでプレゼントするのはいかがですか?

扇子といっても、様々なデザインがあり、名入れやメッセージなどを入れることもできますから、二人お揃いの品をプレゼントしても喜ばれると思います。

お母さん、お父さんあてに素敵な花を贈る人も多いようですね。

 

この場合、生花だけではなく、ブリザードフラワーなども人気のようです。

ただし、ブリザーブドフラワーの場合、好みに合わなかった場合、捨てるに捨てにくく困るケースもあるので、あげるなら生花にするか、よく好みを知っている場合のみ贈る方が良さそうです。

 

普段ならプレゼントできないような、100本の花束など、特別な演出なども楽しめそうです。

旅行

記念の年などには、思い切って奮発して両親に旅行をプレゼントするのも喜ばれるでしょう。

近くの温泉宿などが人気のようです。

できることなら、一緒に行って、家族の楽しい思い出をつくれたら最高のプレゼントになるでしょう。

ただし、ご両親は、そこまでお金をかけてもらわなくても喜んでくれるので、何か特別な時であれば検討してもいいですね。

アルコール

もしもご両親が二人ともお酒が好きなようであれば、一緒にたのしめるお酒のプレゼントもいいですね。

高価すぎるお酒だと恐縮してしまうかもしれないので、あまり背伸びしすぎない価格帯のものがいいと思います。

普段買わない嗜好品

二人揃って食べてもらえる高級ステーキや、美味しい豚肉、フルーツなども人気です。

一粒ずつ仕切られた箱に入ったサクランボなど、普段の生活では、あまり買わないような品が届いたらきっと喜んでくれることでしょう。

商品券

何を送っていいか迷った時に嬉しいのが商品券やカタログギフトです。

ただし、味気ない印象になりがちなので、できるだけ手書きのメッセージと一緒に贈ることを心がけると喜ばれます。

まとめ

いかがでしたか?

母の日と父の日をまとめて一緒に贈るというのは、意外と「贈る側」にも「贈られる側」にも嬉しそうですね。

今年から、母の日と父の日はまとめてプレゼントというのもアリかもしれないですよ^^

スポンサーリンク