お中元いつ

日頃の感謝の気持ちを伝えるお中元。

 

もともと、中元というのは、道教の行事のひとつで、旧暦7月15日のことをさしています。

当初この日は、祖先の霊を供養する日でしたが、のちにお世話になった親族などに贈り物をするようになったのがお中元の始まりと言われています。

 

そんなお中元ですが、いつ贈るのかベストなタイミングというものがあります。

これを逃してしまわないように、適切な時期にお中元を届けるようにしたいですね。

スポンサーリンク

お中元はいつ贈るかで命運が分かれる?

中元というのは、もともと旧暦の7月15日に行われていた行事でした。

現代の日本では、新暦の7月15日または8月15日を基準に考えられています。

 

大まかにいうと、 お中元の時期は、東日本(特に関東)では、7月上旬〜7月15日まで、西日本(特に関西)では7月上旬〜8月15日まで が一般的です。

 

ここで大切なのは、お中元は、日頃の感謝を伝える贈り物ですから、相手にあわせて贈ることです。

ですから、自分の住んでいる地域の習慣ではなく、受け取る側の住んでいる地域の習慣にあわせて適切な時期に贈ることを心がけたいですね。

お中元いつ贈る?ポイントは?

おおまかな時期(詳細は後述)

  • 東日本(特に関東):7月上旬〜7月15日まで
  • 西日本(特に関西):7月上旬〜8月15日まで

贈る際のポイント

相手の住んでいる地域にあわせた時期に贈る

お中元の時期を地域別にチェック!

では、地域別にもっと詳しくみていきましょう。

それぞれの地域ごとの適切なお中元時期は次のようになります。

北海道の人にお中元を贈るベスト時期

北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日~8月15日にお中元を贈ることが一般的とされています。

もしこの時期を過ぎてしまった場合は、「残暑見舞い」として贈るようにしましょう。

東北・関東の人にお中元を贈るベスト時期

東北と関東の人にお中元を贈る時期は、一般的に7月初旬から7月15日までです。

ほかの地域にくらべて短いですが、できるだけ7月1日~7月15日までに届くよう手配しましょう。

北陸の人にお中元を贈るベスト時期

北陸の場合、実は、北陸の中の地区によってお中元を贈るタイミングがわかれてきます。

関東と同じように、7月初旬~7月15日にお中元を贈る地区と、北海道と同じように、7月15日~8月15日の時期に贈る地区が存在しています。

都市部を中心に、関東よりの習慣になるようです。

迷った時は、北陸の人にお中元をあげるなら、7月1日〜7月15日までに届けられれば、どちらの地区の人にも問題ありません。

スポンサーリンク

東海・関西・中国・四国の人にお中元を贈るベスト時期

東海・関西・中国・四国のお中元は、7月15日~8月15日までに贈ることが一般的です。

7月中旬からが一般的と言われていますが、これも他の地域にあわせてどんどん早めになる傾向もあるようです。

九州の人にお中元を贈るベスト時期

九州の人にお中元を贈る場合は、8月1から8月15日までに贈るのが一般的です。

ただしこれも、他の地域の影響もあり、年々早めに贈る人も増えているようです。

7月にお中元を贈るケースも珍しくなくなってきています。

沖縄の人にお中元を贈るベスト時期

沖縄の場合は、他の地域とは少し異なります。

旧暦の7月15日までにお中元を贈るのが主流のようです。

そのため、毎年お中元の時期が変わってくるのが特徴です。

沖縄の人にお中元をあげるなら、その年の旧暦7月15日を確認してから贈るといいでしょう。

お中元を6月にするのは早い?

さて、適切な時期にお中元を渡したいものですが、うっかり贈り忘れてしまうことを防止するために、思い立った早い時期に贈ってしまうというのはどうなんでしょうか?

例えば、6月のうちにお中元を贈ってしまえば、安心するかもしれませんが、これってマナーとしてNGなんでしょうか。

 

結論としては、6月早々からお中元を贈るのは、さすがに早いかなという印象です。

ただ、6月にお中元を贈ったからといって、即座にマナー違反だとか、相手に失礼だといったことになってしまうわけでもありません。

 

niko

ここらへんは、印象の問題のような気がします〜

 

例えば、6月早々にお中元を受け取った人が

「まぁ気の早いお中元だこと!うちも送らなきゃ」

と思うくらいのんびりした人の場合もあれば、

「あの人、案外、常識がないのね!」

と心の中で判断するような非常に常識的な人かもしれません。

 

あとは、あなたがその人からどんな風に思われるか?思われたいか?といった問題の気がします。

 

 

特に意図がないのであれば、そんなことで常識のない人だと思われれるリスクを背負うより、一般的な日程に贈っておいたほうが無難な気がします。

早めに手配しても、「7月1日配送指定」など、配送日は指定できますから大丈夫ですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お中元を贈る時期って、地域によって案外違いがあるんですね。

地域にあわせて適切な時期に遅れるようにできたら素敵ですよね。

早めに手配する場合は、日付指定をお忘れなく!

スポンサーリンク